化粧以外で色白に見せる方法

日本の昔、平安の時代に色白の女の人が美人とされたのは有名なはなしです。

色が黒い女性はおしろいを塗って、色白を演出したのだとか。

現代女性は化粧によって色白になりきることはできますが、化粧の厚塗りは興ざめです。

化粧以外にも色白に見える方法があるのはご存じでしょうか。

それは洋服です。

とくに首元やトップスに身につけるものが重要です。

色白に見せるには「白」のスカーフやトップスがとても効果的です。

よくテレビに出演する女性はライトやレフ板などで光を顔などに集めます。

これは肌のあらを隠すのと、色白にみせるためにやっていることです。

洋服に白を選ぶことで顔周りに光を集めるようにすると、不思議なことに色白に見えます。

hedy-lamarr-111272_150

うっかり日焼けには

日差しの強い日が続いています。

外出しなければいいのですが、そうもいっていられません。

日焼け止めや帽子、日傘など、日差し対策をしていても全てを防ぎきることはできませんよね。

うっかり日差しを浴びてしまって日焼けしてしまったという経験はだれでもあるはず。

日焼けは肌がやけどしているのと同じです。

もし日焼けしてしまったという場合は、まず冷やしましょう。

冷シャワーやタオルに包んだ氷など、肌表面がひんやりとするまで冷やします。

こうすることで肌の炎症を抑えることができます。

肌が落ち着いたら、ビタミンCが含まれた化粧水や美容液を塗ります。

ビタミンCは美白に効果的です。

肌の外に塗るだけでなく、食べ物で取り入れるのも大切です。

野菜やフルーツからたくさん摂り入れるといいでしょう。

soap-61089_150

メイクで白肌?!

白い肌へのあこがれはあっても、なかなか実現は難しいもの。

でも最近は優秀なコスメがあります。

白肌に見えるコスメを使って、あこがれを実現するのもひとつの手です。

たとえば化粧下地。

ファンデーションを塗る前に肌のあらを隠すのに有効ですが、色を選べば色白肌に変身することも可能です。

頬やあごなど、肌が薄いために毛細血管が浮き出て赤くなっていたり、むかしのニキビ跡が残っている場合には少し緑がかった下地がお勧めです。

もともと色黒という方はピンクがかったものを選ぶと自然な白肌を実現できます。

それに加えてチークもひと工夫するといいようです。

青みがかったピンクを笑ったときに頬で一番高くなるところから広めに延ばせば、血色のよい白肌がうまれます。

白肌化粧品を使ってもなかなか効果がでないという方はお試しあれ。brush-259180_150

肌の白さの秘密

こんばんは。

タレントのYOUさんってご存知でしょうか。

発言も鋭く、見た目も若々しい方ですが、その肌の白さにはため息が出てしまいます。

ある時、トーク番組でYOUさんの肌の白さが話題になりました。

言葉は正確に覚えていないのですが、このような内容だったと思います。

「なぜそんなに肌が白いのか」と問われたYOUさんはこう答えました。

「家からでないから」。

これを聞いて、わたしはなるほどと思いました。

美白の最大の敵は紫外線です。

日焼け止めを塗ることも大切ですが、紫外線が強い日にはなるべく外出を控えた方が効果的ですよね。

この番組を観てからというもの、わたしは夏に外出することを控えるようにしました。

外出するときには、日焼け止めと日傘か帽子がかかせません。

adult-19428_150

肌の白いは七難隠すか?

肌の白いは七難隠す。

色白の女性のことをいった言葉ですね。

しかし実際にはどうでしょうか。

ほんとうに肌が白いと、そのほかの難をかくしてくれるのでしょうか。

実際には、肌が白いと反対に粗が目立ってしまうことがあります。

わたしの友人にとても肌の白い子がいますが、そのことで長年悩んでいたといいます。

肌が白いと血管が透けて見えるそうで、ふともものあたりなどは血管が青くはしっているのがわかるそうです。

子どもの頃それを友達に見られるのが嫌で、スカートをはけなかったそうです。

頬も赤くなりやすく、暑さや寒さだけでなく、恥ずかしいときにもすぐ赤くなってしまい、よくからかわれたのだとか。

思春期ニキビの跡もほぼなくなっているはずなのに、肌が白いと少しキズがあるだけで目立ってしまいます。

しかし、友人のその悩みを聞いても白い肌というのは魅力的。

女性なら一度はあこがれるものですよね。

swan-270817_150